10月19日〜1月3日の期間限定で上海の大型商業施設・上海静安大悦城にオープン

 

株式会社アカツキライブエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:香田哲朗/代表取締役CPO:小林肇、以下アカツキライブエンターテインメント)と株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下面白法人カヤック)は、上海鉑金文化伝播有限公司と上海平方文化発展有限公司の協力の元、2019年10月19日〜2020年1月3日の期間限定で「うんこミュージアム SHANGHAI」をオープンすることをお知らせいたします。

 

横浜駅直通のエンターテインメントビル「アソビル」で開催中の「うんこミュージアム YOKOHAMA」、「ダイバーシティ東京 プラザ」で開催中の「うんこミュージアム TOKYO」に続く第三弾は、海外初進出として、「上海静安大悦城(上海ジョイシティ)」で開催いたします。
「うんこミュージアム」は日本発の新しい体験エンターテインメントとして、今後も海外への展開を意欲的に進めてまいります。
 

横浜、東京、そして上海へ。日本発のウンターテイメント体験が海外に初進出

 
「うんこミュージアム YOKOHAMA」はオープン後、約4ヶ月半で来場者数が20万人を突破、デベロッパー様や地方自治体様からのお問合せも殺到し、大きな反響をいただきました。続く「うんこミュージアム TOKYO」は、「MAXうんこカワイイ」という日本発の新しいコンセプトを国内外のお客様に向けて発信する場所として日本の中心地である東京・お台場に出展し、当初の想定以上のお客様にご来場いただいています。
海外からも大きな反響がある中で、海外展開の第一歩として上海を選んだ理由は、アジア圏の中でもグローバル都市であり、また人口約14億人を擁する中国全土への影響力もあるためです。世界に向けて、日本発祥の新しい体験エンターテインメントを広めていく試金石としてチャレンジしてまいります。
 

「うんこミュージアム」は、今後も日本の主要都市や、海外へのさらなる展開を意欲的に行っていく予定です。

 

初の海外にして、最大規模!「うんこミュージアム SHANGHAI」

 
会場となる大型商業施設「上海静安大悦城(上海ジョイシティ)」は、体験コンテンツや独特の世界観のあるレストラン、観覧車など、通常のショッピング体験に加えお客様に一味違う体験を提供している施設です。
会場面積は703.4㎡(約212坪)で、「YOKOHAMA」の612.2㎡(185.2坪)、「TOKYO」の663.2㎡(200.64坪)に比べ過去最大規模での開催になります。
コンテンツは、日本国内の「うんこミュージアム」同様、巨大オブジェから小さなうんこが飛び出すうんこボルケーノのある「大広場」、可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ「ウンスタジェニックエリア」、世界のうんこグッズを知ることができる「ウンテリジェンスエリア」、うんこのゲームが楽しめる「ウンタラクティブエリア」の4エリアで構成されています。

 

開催概要

正 式 名 称:うんこミュージアム SHANGHAI
中 国 表 記:便便驾到UNKO MUSEUM
住 所 :上海市闸北区西藏北路166号 上海静安大悦城北楼4階
開 催 期 間:2019年10月19日〜2020年1月3日
営 業 時 間:10:00~22:00 ※最終入場受付 21:00
運 営 会 社:株式会社アカツキライブエンターテインメント/株式会社カヤック
主 催 会 社:上海鉑金文化伝播有限公司(上海プラチナ文化プロダクション)/上海平方文化発展有限公司(上海平方文化プロダクション)
施 設 面 積:703.4㎡(約212坪)
U R L  :https://unkomuseum.com/
Twitter  :https://twitter.com/unko_museum2019/  @unko_museum2019

 

面白法人カヤック会社概要

面白法人カヤックは、固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。

社名:株式会社カヤック
URL:http://www.kayac.com/
設立:2005年1月21日
代表者:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容:日本的面白コンテンツ事業