株式会社アカツキライブエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:香田哲朗/代表取締役CPO:小林肇、以下当社)は、2019年3月15日(金)にオープンした横浜駅直通の都市型、複合体験エンターテインメントビル「アソビル」の来館者数が6月15日(土)に100万人を突破したことをお知らせいたします。

アソビル公式サイト:https://asobuild.com

 

2019年3月15日(金)から6月15日(土)までの約3ヶ月で「アソビル」の来館者数が100万人を突破いたしました。「アソビル」は初年度で200万人の来館を目指しておりましたため、想定の2倍のペースでお客様にお越しいただいております。

 

アソビル2階「ALE-BOX (エールボックス)」内に期間限定でオープンしている「うんこミュージアム YOKOHAMA」が80営業日で来場者数10万人を突破するなど、オリジナルの体験型コンテンツが好調な滑り出しをみせております。
また、横丁のような雰囲気の1階グルメストリート「横浜駅東口POST STREET」は、野毛焼きそばセンターまるきや崎陽軒シウマイBAR、丿貫など横浜ゆかりの人気店を集め、地元の横浜っ子からも好評です。横浜駅直通という好立地により、週末には横浜駅近郊で働く多くのオフィスワーカーの方々にも立ち寄っていただいております。
5月には4階・屋内キッズパーク「PuChu!(プチュウ)」がオープンし、平日の日中や週末に親子連れや三世代で遊びに来てくれる方も多く、当社の想定以上に、幅広い年代のお客様にお越しいただいております。

 

その結果、横浜駅東口側の交流人口が増え、街全体や周辺施設の活性化に繋がっております。また、横浜中央郵便局別館であった歴史ある不動産を、体験を提供するエンターテインメント施設として利活用するという今までにはない取り組みが、お客様からご支持をいただけたと実感しております。

 

■アソビルの背景・目的

「モノ」が既に充足している日本において、「わくわくドキドキする体験」「人との コミュニケーション」「自己実現」といった目に見えないものがより大切になっており、より人生が豊かになる「場所」「時間」「つながり」などへのニーズが高まっています。
五感を総動員できる「リアルな体験」こそが人の心を大きく動かすと考える当社では、人生100年時代に、生きる原動力ともなる知的好奇心を高めることのできる新しい遊び場を提案し、多くの人により豊かな生活を送って欲しいと考えております。

また、そうした好奇心をくすぐる、老若男女問わず簡単に楽しめるエンタメコンテンツは、日常の中でより気軽に体験してもらいたいため、日本屈指のターミナル駅である横浜駅より直通となる横浜中央郵便局別館を活用し、遠くに行かなくても「わくわくドキドキする体験」ができる施設としてアソビルをプロデュースし、運営することを決定いたしました。

カップルや友人同士、親子、一人でも楽しめて、自分にとっての好奇心をくすぐる”わくわくドキドキする体験”が気軽にできる、横浜駅東口の新名所となるよう引き続き励んでまいります。

 

■アソビル概要

アソビルとは、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ東口通路直通の複合体験エンターテインメントビルです。横浜中央郵便局別館をリノベーションした屋上、地上4階〜地下1階建てのビルで、フロアごとにテーマの異なる様々な体験を提供いたします。

 所在地 神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル
交通 横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分
主要用途 体験型エンターテインメント施設、飲食店、事務所 等
施設面積 約11,900㎡(約3,600坪)
階数 地上4階、地下1階、屋上
開業日 2019年3月15日
WEBサイト https://asobuild.com
施設運営者 株式会社アカツキライブエンターテインメント

 

※アソビルは「エキサイトよこはま22」の中で、開発想定エリア(オアシス計画エリア)に位置付けられ、現在事業化に向けた検討が行われております。今回、アカツキライブエンターテインメントは事業化に支障のない期間での暫定活用を予定しております。