株式会社アカツキライブエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:香田哲朗/代表取締役CPO:小林肇 以下、当社)がプロデュースする複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」について、6つのフロアをイメージしたティザー動画を配信開始したことをお知らせいたします。

6つのフロアをイメージした、ゲームの世界に入り込むコンセプトムービー

 

 

本映像は、クリテイティブプロデューサー 関山カヅキ(IN FOCUS.inc)、映像作家 でんすけ28号により、アソビルのフロア毎にあるコンテンツの楽しさを、アートの視点から抽象化し、ゲームの世界に落とし込むことで表現しています。

さらに、話題のユニット“Qiezi Mabo(チェズマボ)CGキャラクターとなって出演しています。

また、各フロアの特徴をイメージしたキャラクターが登場するだけでなく、「うんこ」「VR」「宇宙」「ダーツ」といった、アソビルで実際に遊ぶことができるコンテンツについても各所に盛り込まれており、それらを見つける楽しさも味わえる構成となっています。

 

クリエイター紹介

 

IN FOCUS inc.https://www.in-focus.co.jp/

ウェブ、映像、グラフィック、写真といった4つの分野を多面的に横断することにより新しい視点を提案するクリエイティブスタジオ。

なお、IN FOCUSはアソビルの公式サイト制作も担当。2018年に公開したアソビルのティザーサイトでは、3つのウェブデザインアワードを受賞しています。

プレスリリース:「アソビル」ティザーサイトが3つのウェブデザインアワードで受賞(2018/12/20


でんすけ28

1993年東京都生まれ。2016年に多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース卒業後、映像作家としてフリーランスでの活動を開始。

主に3DCGを用いた表現を駆使して映像のディレクションやグラフィック制作などを行うが、現在は 様々な媒体を横断しながらジャンルを問わず企画・演出を手掛ける。作家活動の一環としてビデオゲームのバグをモチーフとした作品を制作し続けている。


・Qiezi Mabo(チェズマボ)

これまで多数のアーティストをディレクションしてきた、HIP HOP界で異彩を放つラッパーGiorgio Blaise Givvnがプロデュースを手がける謎のユニット“Qiezi Mabo”

Qiezi Mabo loves PUNPEE名義で公開されたMVQiezi Mabo Forever (Fried Chicken Mix)』、 Rau Def、極onTheBeatsらが参加した『Star Beach Love(Club Mix)』などをパッケージングした初 EPPremium Fried Chicken』を2018年の7/7に配信リリース。

2019年にアルバムリリースとアナウンスされているが本当に出るかは不明。アソビルのティザー動画になぜ出演しているのかも謎。

 

施設概要

アソビルとは、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ東口通路直通予定の複合型体験エンターテインメントビルです。横浜中央郵便局別館をリノベーションする屋上、地上4階~地下1階建のビルに、フロアごとにテーマの異なる様々な体験を提供いたします。

・所在地 :神奈川県横浜市西区高島2丁目149 アソビル

・交通  :横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2

・主要用途:体験型エンターテインメント施設、飲食店、事務所 等

・施設面積:約11,900㎡(約3,600坪)

・階数   :地上4階、地下1階、屋上

WEBサイト:https://asobuild.com

・施設運営者 :株式会社アカツキライブエンターテインメント

アソビルは「エキサイトよこはま22」の中で、開発想定エリア(オアシス計画エリア)に位置付けられ、現在事業化に向けた検討が行われております。今回、当社は事業化に支障のない期間での暫定活用を予定しております。